ギター

ギター弾きにおすすめ! あると便利な “3番手のアイテム” で快適な演奏を。

「ギター弾きにおすすめ!」と言ってはいますが、実はベース弾きの方でも全然いいんです…。

今回は、長いことギターをやってきた筆者が最近になってようやく購入し、買って本当に良かった あると便利な3番手のアイテム” を紹介します!

 

フクロー
フクロー
え!? 3番手なの? じゃあ別にいらないね
キチロー
キチロー
相変わらず人の話を聞かないね~、フクローは。でもちょっとだけ聞いてみて!

 

なぜ3番手なのか。

それはギターをやる上で必ず手に入れる必要性は全くないからですね。“音”に直接関わるものではないし、ないからと言って特に困るものでもなく、優先順位で考えれば間違いなく後手で構いません。

しかし!

 “ある” と “ない” では大きな差が出るアイテムなんです。

持っていれば、ギターの練習があきらかに快適になるはずです。

僕はこれから紹介する “2つのアイテム” を購入してから、練習時のストレスがほぼなくなり気持ち良く演奏に集中できています。これは素晴らしい変化です。

 

キチロー
キチロー
それでは、さっそく本題に入りますね。

 

1. 練習用チェア

ギターの練習をしているとき、もしも上の写真のように床にあぐらをかいているなら見直してみるいい機会です。また、たとえ椅子に座って練習しているとしても、その椅子に「ひじ掛け」が付いているタイプなら、これまた見直すいい機会だと思います。

なぜなら、どちらの場合も “長時間の練習” をするときにカラダにかかる負担が大きいからですね。ちょっとした時間に爪弾く程度であれば何の問題もないですが、ガッツリ練習するなら出来るだけムダな疲労は避けたいもの。

ずっとあぐら状態でいるとお尻や足(太もも)、腰などが痛くなり、立ち上がろうとしたときに生まれたての小鹿のように足が震えて動けなかった経験はありませんか?

また、ひじ掛けがある椅子で練習していると、邪魔なひじ掛けを避けて前位置に座ったり、前のめりになって不自然な姿勢で練習することになるので、カラダにとっていいことなんてありません。

そこで、快適な練習のためにおすすめしたいアイテムが「練習用チェア」なんですよね。

 

フクロー
フクロー
椅子か~。たしかにあまり考えたことなかったな、それは。
キチロー
キチロー
そうでしょ? 僕もずっと長いこと地べた座りでやってたよ。

 

ひと口に椅子と言っても種類は様々です。クッション性も含めた座り心地や椅子の高さ、機能性やデザイン性、いざ購入するなら金額面も大切なポイントになります。

僕は楽器サイトで買いたい商品のイメージは掴みましたが、実際の座り心地やサイズ感を確認したくて楽器屋さんを数軒回ってみました。しかし、意外にもネットで見つけたような商品を取り扱っているお店は一つもなかったという残念な結果に…。

例えばこんな感じの椅子なんですが、

折りたためるから未使用時にスペースをとらないことと、ギタースタンド付きなので何かと便利かなと思ったり、

この椅子のように、シンプルな方がやっぱりいいかなと考えてみたり。

 

でも意外に値段も高いので、結局はたまたまイオンで見つけたお手頃価格の椅子(軽量で座面が円形、適度なクッション性、ひじ掛けと背もたれなし)を購入しましたが、今はこれで充分満足しています。

椅子を購入して良かった点をまとめると、

・姿勢がラク。長時間の練習でも足腰、お尻の痛みが劇的に解消された。

・エフェクターやフットペダルなど、今までは手で切り替えていた機材の操作を足で行えるようになった。

・このあとに紹介する「譜面台」との併用で、さらに練習が快適になった。

といったことが挙げられます。

 

たかが椅子、されど椅子。

ギター練習を快適に楽しむために、ないなら持っておきたい3番手のアイテムです。

 

豊富なバリエーションの中から練習用チェアを見つけるなら、サウンドハウスは要チェックです! “ ギター 椅子 ” でサイト内を検索してみよう!

サウンドハウス

 

2. 譜面台

これは中年を迎えた僕の視力(老眼が進行中(哀))と、スコアの読みやすさを考えたら必需品と言えるアイテムですね。本当に買って良かったと思っているし、今までスルーしてきたことを嘆いているところです。

スコアって、文字のサイズが小さくてとても読みづらいです。近年では中年ロッカーの目にも優しい「ワイド版」(通常盤に比べて文字が大きくて見やすい)もよく見かけるようになりましたが、大抵オヤジロッカーが好きそうな年代のロックばかりで、ほとんどのスコアの文字は若者向けで小さいです。

 

フクロー
フクロー
たしかにスコアの文字って小さいけど、見づらいのはキチローの老眼が進んでるからでしょ? イコール譜面台が解決してくれるって話ではないよね??
キチロー
キチロー
たしかにそうだよね。でもね、もっと総合的な素晴らしさを知ってしまったんだよ、譜面台には。
フクロー
フクロー
ふーん……。 OK!そこまで言うなら教えて!

 

そうなんです。僕が実際に購入した譜面台で、これは良い!と思ったポイントを挙げてみたいと思います!

・高さの調整が80cm~145cmで自由自在!座っていてもスタンディングでもOK!

・譜面台の角度調整が自由自在!分厚い本でも全然OK! ノートPCやタブレットでも置けるから、YouTubeなど動画を見ながらの練習でも問題なし!

・開いた譜面を押さえつけるのに便利なスプリングクリップ付!しっかり押さえつけるから、演奏途中でページがめくれちゃう心配は一切なし!

・デスクトップホルダに付け替えれば、机の上にも置けちゃう優れもの!

・持ち運びにも便利な収納バッグ付き!

と言ったことが挙げられます。

個人的には特にスプリングクリップが気に入ってますね。なんせ今までは、開いたページが閉じないようにスマホとかを重し代わりに使ってましたから。

今までの環境が悪かっただけに、感動的ですらある便利品でした。

まだ持っていなければ、これは本当におすすめですよ。楽譜を見ながら練習するなら譜面台の存在はとっても大きい。

自信を持って紹介する、便利な3番手のアイテムです。

 

キチロー
キチロー
それではこの辺で。なんだか無性に弾きたくなってきたのでギターの練習に戻りますね。最後までご覧いただきありがとうございました。では!