音楽

【洋楽ポップス】ひとつの時代を盛り上げた懐かしのヒット曲!

記憶に残る洋楽ポップスのヒット曲!

普段、ロックやヘヴィメタを中心に音楽を聴きまくっている筆者が、日常ではあまり聴かないながらも、とてもハマっていた曲があります。

ドラマや映画、CMなどでタイアップされた曲がほとんどですが、おかげ様で最高な曲たちに出会えました。年代的には古いものばかりになりますが、いずれも名曲ばかりです。

紹介する曲を知っている方は懐かしんでください。

知らない方は、これを機に思う存分ハマっちゃってください!

是非。

 

アクア 『Cartoon Heroes』

2000年リリースの2ndアルバム『アクエリアス』収録。デンマークのポップグループが届けてくれた、超ポップでキャッチーなメロディが印象的な楽曲。2002年にはキリン「生茶」のCMでも起用された。

男女のボーカルが絡み合うが、何と言っても女性ボーカルのキュートでコケティッシュな歌声がたまらなく魅力的。アルバムを持っていたけど、この曲ばかりをヘビロテしたものだ。

濃度100%。甘い果実をギュッと凝縮したような究極のポップソング。

 

フクロー
フクロー
懐かしい!これ大好きだったわー。何年経ってもふと思い出して聴きたくなるよね、この曲は。

 

アバ 『Dancing Queen』

1977年リリースの4thアルバム『アライバル』収録。誰もが一度は聴いたことがありそうな、時代を超えて愛され続けている名曲。

ポップなメロディの中には哀愁も感じられ、ピアノやストリングス、コーラスワークも含めバンドアレンジの素晴らしさも耳を惹く一曲だ。

ポップスの世界で燦々と輝く、エバーグリーンなグッドソング。

 

フクロー
フクロー
ユーキャン、ダーンス~♪ ユーキャン、ジャーアーイ♫ やっぱねー、グッとくるわ。 ちょっと泣いてくる。

 

カイリー・ミノーグ 『I Should Be So Lucky』

1988年リリースの1stアルバム『ラッキー・ラブ』収録。カイリー・ミノーグと言えばカバー曲『ロコモーション』も有名だが、当時よく聴いていたのは『ラッキー・ラヴ(I Should Be So Lucky)』の方で、洋楽を聴き始めたばかりの僕は夢中になって聴いたものだ。

今となっては時代を感じるダンス・ポップだが、メロディの素晴らしさは永遠で、いつ聴いても当時のことを思い出させてくれる。

80年代の香りが懐かしい、きらきらポップソングの大定番。

 

フクコ
フクコ
カイリー・ミノーグは流行ったわよね~。でもね、同じ時期ならアタシは「ティファニー」派だったわ! ハスキー声がとってもキュートで最高だったわね~

 

ジプシー・キングス 『Volare』

フラメンコやラテンの要素を取り入れたワールド・ミュージックをベースに、心地いい音楽を奏でるジプシー・キングス。フランスのバンドだということを知ったときは正直驚いた。

日常の中で好んで聴くタイプのジャンルではないが、この『ボラーレ』に関してはビールのCMで使用された影響もあってか、夏に生ビールを飲んでいると自然と頭の中に流れだすことがある。それくらいイメージが根付いてしまったし、軽快な演奏とパッションを感じる歌声からは、音楽という無形の芸術の素晴らしさをつくづくと感じたものだ。

冷えたビールとボラーレと。夏の太陽がよく似合う、気持ち良すぎるラテンのメロディ。

 

フクロー
フクロー
これ聴くとさ、飲みたくなっちゃうんだよねー。つうかさ、ギターの音色とかもさ、最高だよね? 気持ちいいーーーーって感じになるわ。

 

ルベッツ 『Sugar baby love』

1974年リリースのデビュー曲。この曲を知ったきっかけと言えば、80年代の終わりに活躍していた人気アイドルデュオ『Wink』のカバーを聴いたからである。切なさが愛おしい秀逸なカバーソングで、オリジナルとはひと味違う魅力に溢れている。ぜひ、こちらも聴いてみてほしい。

さて、本家の方に話を戻すが、この曲は何と言っても出だしのハイトーン過ぎるファルセットがインパクト絶大で、メロディの良さでいえばポップソング史上、最高峰ではないだろうか。

胸の奥がキュンとなるセンチメンタリズム。ルベッツが世界に残した金字塔。

 

フクコ
フクコ
パッ、シュワリ、パッ、シュワリワリ♪ あ~、胸がときめく名曲ね。この曲もホント大好きよ

 

スリー・ドッグ・ナイト 『Joy To The World』

1971年リリースで全米No.1にもなった大ヒットシングル。フジテレビの月9ドラマ『ランチの女王』の主題歌にもなっていたので、ご存知の方も多いだろう。

身も心も踊り出すようなパレード感が体を熱くする。ポップだけどソウルフル、シンプルな演奏の中にもロックの熱気が感じられ、一度聴いたら忘れられないメロディが堪らない。

聴いていて楽しい音が音楽ならば、この曲の存在はとても大きいのかも知れない。名曲。

 

フクロー
フクロー
この曲はコーラス隊も含めて最高だよな。えらそうなこと言うけどさ、音楽ってさ、こういうことでいいんだよ! ね??
キチロー
キチロー
…。

 

オリビア・ニュートン・ジョン 『Take Me Home, Country Roads』

アメリカ合衆国のポピュラーソングで多くのミュージシャンがカバーしているが、ここではオリビア・ニュートン・ジョンのカバーを紹介したい。オリビアはこの曲を1972年にシングルリリースしている。

美しい歌声とコーラス、心地よいカントリーアレンジが施されたオリビア・バージョンは、他のどの人が歌うカバーよりも心を奪われる。そして、心洗われるような神々しささえ感じてしまう。

もちろん原曲のメロディの素晴らしさあっての話だが、完全に自分のものしたオリビアは本当に素敵なシンガーだと思う。

いつの日もこの胸に流れてるメロディ。ミスチルの言葉を思い出す、誰もが必聴の名曲。

 

フクコ
フクコ
なんか、落ち込んだときとかにこの曲聴くと、すごく響くのよね~、ハートに。不思議と頑張ろうって気になるわ。すごく素敵な曲よね。

 

ライチャス・ブラザーズ 『Unchained Melody』

1990年に大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』の主題歌で、感動的な名場面のバックで流れたこの曲のメロディは、映画と同じくらい多くの人の心を捉えたはず。

公式音源を見つけられなかったためここではカバーを貼らせていただくが、充分にうまい方なので是非とも曲の雰囲気を味わってほしい。

映画も泣きながら観た記憶があるが、温かみのある歌声と透き通るようなファルセット、そして感動的なほどに美しいメロディは、映画と同じように若かりし僕の心を揺さぶった。

ブルー・アイド・ソウルの代表格が世界中を感動させた、20世紀が生んだ決定的名曲。

 

フクロー
フクロー
この映画はたしかに良かったな。オレなんてサントラも買っちゃったよ!懐かしいね~、ホントに。久しぶりにまた観ようかな

 

ハンソン 『MMMBop』

3兄弟で活動したアメリカのバンドで、私的には「子供が歌う」音楽で唯一ハマったのがハンソンだった。デビュー時点ですでに1級品のポップセンスを披露した恐るべき子供たち。

そんな彼らを一躍スターダムへと押し上げた代表曲が邦題『キラメキMMM BOP』

主に歌うのは次男のテイラー。ハスキーで可愛らしい歌声のみならず、驚いたのはその歌唱力。アルバムを聴けばお分かりいただけると思うが、曲ごとに見せる表情や表現力の幅広さは大人顔負けである。アップも良いが、バラードがうまいところもこれまたニクい。

ハイクオリティな子供たちのご機嫌なナンバーに、胸がときめくキラメキPOP。

 

フクコ
フクコ
超キュートよね~、この子達。でもアルバム聴いたらそんなこと言えなくなったわ。子供の姿を借りた大人なんじゃないの?実は。

 

おすすめ♪

紹介している楽曲はほぼAmazon Music Unlimitedで聴ける!

7,000万曲以上が聴き放題!まずは30日間の無料体験を!

世界中の音楽がずっと身近になります。

Amazon Music Unlimited 無料体験

 

【洋楽女性シンガー】夜のBGMにおすすめしたい10枚のアルバム夜に聴きたくなる音楽、夜の雰囲気に“合う”音楽。 今回オススメするのは、たとえば星空の下やナイトドライブのようなシチュエーションで...
【洋楽ロック】良さが分かるまでに時間がかかった10枚の名盤音楽史の中でロックの名盤と呼ばれるものは何枚もあるわけですが、ロック好きであれば気になったアーティストやバンドの作品はとりあえず聴いてみ...