雑記

【Beats X】人生初のワイヤレスイヤホンを導入して快適MAX!!!

先日、充電してから半日さえも持たなくなったiphone 6を機種変更したんです。

充電の問題さえなければまだまだ使ったんですけどねぇ…。さすがに限界を感じたのでSEやProと迷った末にiphone 11にしました。

しかし、新機種にうとく久しぶりに機種変更した僕からするといくつか戸惑う点があったのも事実で、一つ目は「ホームボタンがない!」、二つ目は「イヤホンジャックがない!!」、ついでに言えば、一回り大きくなったサイズ感にまだ慣れない…(しかもちょっと重い)。ただし!充電の持ちは満足MAXです。

フクロー
フクロー
え!? いやいや、さすがにそれくらいは知ってて変えたよね??

 

どの点に関しても使っていくうちに慣れるのは分かってますが、イヤホンジャックがないのはちょっとねぇ…。これまで使ってたイヤホンも半年前に買い替えたばかりだしなぁ。

でも、ワイヤー付きイヤホンに嫌気がさしていたことも事実なわけで。

ビローンと垂れ下がったコードって、電車に乗っていると他人の服のボタンやカバンなどに突然引っかかって、スポーンっと抜けちゃうことが結構ある。ぶらぶらとしているコードなんてジャマなだけで、これにはかなりストレスを感じてました。

そこで、今回の機種変をいい機会だと思い、ワイヤレスイヤホンに乗り換えました!

選んだイヤホンは『Beats X』

思っていた以上に快適で充実した音楽ライフを送れているので、レビューしてみたいと思います!

 

Beats X 製品情報

ラッパーでヒップホップ・プロデューサーのドクター・ドレーをブランド名(Beats by Dr. Dre)に有する、アメリカのオーディオ機器ブランド『ビーツ・エレクトロニクス』の製品。

2014年にアップルが買収していることから、アップル製品との相性は抜群にいい。

そして、音楽を聴く上で「最重要」といえる音質に関しても、方々で高い評価を得ていて、シリーズの中でコスパ的にも優秀なのがこの『Beats X』と言えるだろう。

実用性も兼ね備えたスタイリッシュなデザインも魅力の一つで、機能性と価格から見る満足度からも、かなりおすすめできる製品。

 

価格9,800円(税別)
スタイルカナル型(インイヤー)
カラーブラック、サテンシルバー、レジスタンスブラックレッド
充電用ポートLightningケーブル(iPhone用の充電ケーブルで充電可能!)
連続再生時間最長8時間
充電時間フル充電でおよそ40分(5分の充電でおよそ2時間再生可能!)
付属品本体、イヤーチップ(4サイズ)、Lightning-USB-A充電ケーブル、説明書

 

Beats X 選んだ理由と使用感

数あるワイヤレスイヤホンの中から『Beats X』を選ぶまでには、いくつかのことを考えました。

1.  価格は安すぎず高すぎず、音質にはこだわりたい。過去に安いイヤホンを買ってその劣悪な音質に激しく後悔した経験あり。安かろう悪かろうな製品はもう勘弁。

2.  耳の穴に入れるだけのイヤホンだと落とさないか、無くさないかなど心配。

3.  耳の上に引っ掛けるタイプだと痛くなりそう。

4.  デカいヘッドフォンは髪型も気になるし、荷物になりそうだな。

5.  iphoneで操作しなくても、リモートできる方がいい。

ざっとこんな感じをイメージして、製品を探した結果たどり着いたのが『Beats X』です。

どこまでいっても好みの話になってしまいますが、少なくとも僕の理想に近かったのがこのイヤホンで、毎日使っていますが大きな不満はなくとても満足しています。

Apple W1 Chipが搭載されており、簡単な操作であっという間にペアリング(機器同士を無線で接続すること)が完了。

フィット感が良い耳栓型のイヤホンで遮音性に優れている。また高音と低音のバランスが良くクオリティの高いサウンドが楽しめ、かなりな満足感。

・フル充電をすればメーカー公式で最大8時間の持続性があり、通勤・通学などの往復時に聴くことは余裕。聴き方によっては2~3日に一度のフル充電で使用可能。

音量調節、FF/REWがリモートできる。以前使ってたイヤホンにはなかったので、iphoneをいじらずにこの辺の操作ができるのは非常に便利。(通話も可能)

・個人の感覚的な話で恐縮だが、デザインがとても良くとにかくお洒落(ロゴの“b”もシンプルでグッド)。イヤホン同士はマグネットでくっつくため、未使用時にワイヤーが絡まることもない。また、未使用時に収納する必要がないのもお気に入りのポイントで、首にぶら下げておけばO.K。

iphoneの充電器を使える。

いいところばかりを挙げてますが、bluetoothの接続を切っても電源ボタンを長押ししなければイヤホン本体の電源が落ちないのは残念。

ワイヤーの長さももう少し短い方が使いやすい気がするし、装着したままだと電源のオンオフの確認ができないのは使いづらい

あとはですね、最初L,Rが分からないと思います。どっちが右でどっちが左なのか。よーくイヤホン本体付近のワイヤーを見てみると、うっすらと小さく「L」「R」が記されてるんですが、これは分かりずらい…。

以上、少し残念に感じるところもありますが、総合点は高いワイヤレスイヤホンです。

 

 

まとめ

いい買い物をしたと思う。

初めてのワイヤレスイヤホンで他の製品を使ったことがないため比較レビューは書けませんが、『Beats X』にはかなりな満足感があります。何よりオーディオ機器にそこまでお金をかけられないため、9,800円(税別)(サイトやショップによって幅アリます)という価格でこのハイクオリティな商品に出会えたことは、本当に有難かった。

ワイヤレスイヤホンに興味がある人や、既に使用中でも他の製品を模索している人には自信を持っておすすめします。

有線のストレスから解放された今、音楽ライフがさらに充実しました。

時代の主流に乗る素晴らしさを思い知った、ささやかな喜び。

 

正確には完全なワイヤレスと言えないこのアイテムですが、カラダの動きはフリーだし、何かに引っかかって抜け落ちる心配もなく、非常に快適です。

 

これを味わっちゃうとねぇ、もうワイヤー付きイヤホンには戻れないなぁ。